ISOQARジャパン

審査員の質と親しみやすさで選ぶなら御社に価値ある審査を行うISOQARジャパン

Quick Quotation Contact us

 

ISO9001 品質マネジメントシステム認証
HOME»  ISO9001

ISO9001

定評のある国際的なビジネス慣行に準じていることや適切な基準を満たしていることを実証しているかどうか次第で、入札資格の取得や、新規顧客、特により規模の大きい新規顧客の獲得が決まって来ることがよくあります。また常に顧客の期待に答えながらコストを低く抑えることができるかどうかも、事業プロセスの効率性や有効性で決まります。品質マネジメントシステムに関する国際規格ISO 9001は、模範となるベストプラクティスを推進し、事業実績を改善するためのツールとして、世界中で数多くの企業によって用いられている模範的な管理体制です。

 

 

ISO 9001認証を受けることで次のようなメリットがもたらされます・・・

・高レベルの顧客満足度を達成できるよう配慮していることが明らかに示される
・独立した外部監査を受けていて、その厳格な基準を満たす有効な品質マネジメントシステムがあることが実証される
・自社のブランドの評判を高めることができるから、有益な販促ツールとなる。認証を受けていないライバル企業に差をつけようとするときは特に役立つ

 

なぜISO9001審査登録が必要なのか?

・審査登録機関を通じて、ISO 9001認証を取得することにより、顧客、品質、そして、有効性の改善のために活動していくというコミットメントの表明となります。
・外部からの厳しい審査を通過し、効果的な品質マネジメントシステムが存在する企業であることを証明できます。
・ISO 9001認証取得は貴社の顧客、社員や株主が持つ企業イメージを向上させます。
・会社の営業戦略において、他社との間により強い競争力を与えます。

 

どうすればISO9001の認証ができるのか?

・ISO 9001における規格の要求事項が業務にどのように適用されるかを明確にする。
・どのように要求事項が満たされるかを示した品質方針を打ち出し文書化する。
・品質目標を立て、それが業務運営にどう当てはまるかを設定する。
・品質方針、目標等を会社組織内に周知する。
・設定した品質方針、目標を評価し、満たされるべき規格の要求事項における優先順位を決定する。
・マネジメントシステムの枠組みを明確にし、要求事項に従って手順書を作成する。
・上記の手順に誤りや矛盾がないことを確実にする。
・システム構築後はシステム運営を確実にするため内部監査を行い、システムを監視する。

 

ISO9001の審査

ISO 9001規格の要求事項が全て満たされた後、外部審査を受けます。
審査は、英国UKAS、日本JAB、米国ANAB等の政府直轄の認定機関から認定を受けている第三者審査登録機関により行われます。
審査登録機関は、文書レビューと実地審査である第一段階審査(当社ではStage1審査と呼んでいます)を行います。
この審査では審査員が受審組織様のところへ実際に出向き、インタビューを交えながら文書を確認し、残りの時間を用いて現地審査を行います。
後日、行われる第二段階審査(当社ではStage2審査と呼んでおります)では、業務で定めた手順に沿ったものであるか、また必要な記録が作成されているかを審査します。
審査の結果が良好であれば、ISO 9001の認証が発行されます。
また、認証を取得された企業様にはシステムが継続的に運営されているかを確認するため、サーベイランス(年に1~2回)訪問、3年に1回の認証を更新する審査などが行われます。

 

ISO14001と9001の統合審査

上記2つの規格(又は安全衛生OHSAS 18001も含め)にはマネジメントレビュー、文書管理、改善活動や訓練を受けた人材の必要性など、共通する部分があります。それら共通点をまとめ、一つのシステムを構築することも可能です。
統合されたシステムの審査は、企業様にとってコスト面も含め最適なアプローチとなることでしょう。

 

ISO 9001/14001規格改定情報

 

ISO9001/14001規格解釈セミナー